2014.06.19

ロッベン&ケーヒルが2戦連発でオランダと豪州譲らず前半終了

ロッベンの先制点(上)とケーヒルの同点弾となったボレー(下) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が18日に行われ、オーストラリア代表とオランダ代表が対戦した。

 開幕戦でチリに敗れ、グループリーグ突破へ後のないオーストラリアは、FWティム・ケーヒルやMFミル・ジェディナクらがスタメン、初戦スペインに大勝し、連勝を目指すオランダは先発メンバーが変わらずFWロビン・ファン・ペルシーやFWアルイェン・ロッベンらが名を連ねた。

 試合は序盤、後のないオーストラリアが高いDFラインをキープし、前線からの積極的なプレスで主導権を握る。一方のオランダは20分、自陣でボールを奪うとハーフウェーライン付近からロッベンがドリブルを開始。そのまま持ち上がると、ペナルティエリア内左に侵入し、左足のシュートをゴール右へ流し込んで先制する。ロッベンは2試合連続ゴールとなった。

 直後にオーストラリアはキックオフから右サイドのライアン・マッガワンがペナルティエリア内左へ向けロングボールを送ると、ケーヒルが左足のダイレクトボレーで合わせる。強烈なシュートがクロスバーを叩き、そのまま決まり、あっという間に同点とした。ケーヒルも2戦連発。

 オーストラリアは31分、マシュー・レッキーが右サイドを突破すると、グラウンダーのクロスにファーサイドへ走りこんだマーク・ブレッシアーノが合わせたが、クロスバーを越えた。前半終了間際、オーストラリアはブルーノ・マルティンス・インディに対するファールでケーヒルに警告。累積2枚目となり、ケーヒルは次戦出場停止となった。また、このプレーでマルティンス・インディがピッチに顔から落ち、担架に運ばれて退場。代わってメンフィス・デパイがピッチに立つ。前半は、スコアこそ同点だがオーストラリアが主導権を握ったまま終了する。

【スコア】
オーストラリア 1-1 オランダ

【得点者】
0-1 20分 ロッベン(オランダ)
1-1 21分 ケーヒル(オーストラリア)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る