2014.06.18

メッシが代表チームのスタイルに言及「相手に合わせる戦い方は僕らのスタンスではない」

メッシ
アルゼンチン代表のスタイルについて語ったメッシ [写真]=VI-Images via Getty Images

 今大会でも大きな注目を集めているFWリオネル・メッシが、アルゼンチン代表のあるべきスタイルについて語った。アメリカのスペイン語スポーツメディア『ESPN Deportes』が伝えている。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦後に行われた記者会見で、メッシは前半のチームについて「保守的だった」とコメント。同選手はアレハンドロ・サベーラ監督が用いた前半の戦術をやんわりと批判した上で、アルゼンチン代表のあるべきスタイルについて語っている。

「我々はアルヘンティーナだ。相手のプレースタイルに合わせて戦い方を変えるのは、僕たちのスタンスではない。自分たちが最も良しとするサッカーを実践していきたい」

 メッシはまた、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦のハーフタイムでシステムを変更したことが、同試合での勝利につながったとも述べている。

「ハーフタイムでシステムを変更したのが良かった。前線に(ゴンサロ)イグアインが加わったことで自分たちのサッカーを取り戻せたし、パスも通るようになって連係も良くなった。僕は以前から4-3-3のフォーメーションが好きだったけど、それを再認識した試合だったよ」

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る