FOLLOW US

ドイツ圧倒、ミュラーのハットなどでポルトガル粉砕…C・ロナウドは不発

チーム2点目を決めたフンメルスを祝福するドイツ代表のベンチの選手たち [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が16日に行われ、グループGではドイツ代表とポルトガル代表が対戦した。

 優勝候補の一角と目されるドイツは、フィリップ・ラームがアンカーを務め、メスト・エジルやマリオ・ゲッツェ、トーマス・ミュラーらが先発に名を連ねる。ワールドカップの通算得点記録更新の期待がかかるミロスラフ・クローゼはベンチスタート。対するポルトガルは負傷の状況が心配されたエースのクリスティアーノ・ロナウドが先発。ナニやペペ、ファビオ・コエントランらがスタメンとなった。

 立ち上がりはドイツがパスを回してチャンスをうかがう一方、ポルトガルはC・ロナウドにボールを集める。7分にはショートカウンターからミゲル・ヴェローゾのパスを受けたペナルティエリア内左のC・ロナウドがシュートするが、GKマヌエル・ノイアーの正面を突く。ドイツも直後の8分、相手DFのバックパスが乱れ、ポルトガルGKルイ・パトリシオがパスをミス。拾ったサミ・ケディラがダイレクトシュートで無人のゴールへ打ったが、わずかに枠の左へ外れた。

 迎えた12分、ドイツが右サイドでパスを回し、ミュラーの縦パスをエリア内で受けたゲッツェがジョアン・ペレイラに倒され、PKの判定。ミュラーが決め、ドイツが早々に先制する。

 ドイツが攻め込む時間が長くなる中、ポルトガルも25分にナニが右サイドからミドルシュートで狙ったが、枠の上へ外れた。3分後、ポルトガルにトラブル。トップの位置に入るウーゴ・アウメイダが左太ももを痛め、エデルとの交代を強いられる。

 31分、ドイツはカウンター。エリア内右に侵入したエジルが中央へマイナスパスを送ると、ゲッツェがシュートしたが、ブロックに遭う。しかし、同プレーでCKを得ると、トニ・クロースの送ったボールをマッツ・フンメルスが強烈なヘディングで合わせ、追加点が生まれる。

 ポルトガルは36分、スルーパスをエリア内でコエントランがフリーで受けるチャンスとなるが、パスを選択し、クリアされる。直後のCKもエデルがゴール前で合わせたが、枠の上に外れた。

 劣勢のポルトガルは38分、バックパスを受けたペペにミュラーがチェイスすると、ペペの手が顔に当たりミュラーが倒れる。これに怒ったペペがミュラーに対して抗議をしながら頭突きを見舞い、一発退場となった。アディショナルタイムには左サイドのクロースからのクロスをブルーノ・アウヴェスと競り合ったミュラーが蹴りこんで加点し、前半で3点目を獲得。ドイツが終始、攻め込み試合を折り返す。

 センターバックを一人失ったポルトガルは、ヴェローゾを下げ、リカルド・コスタを投入し、DFラインを整える。後半も主導権を握るドイツは51分、スルーパスに抜けたエジルがGKと1対1となるが、シュートは阻まれ、こぼれ球をミュラーがヘディングで押し込んだが、これも枠の上だった。

 63分、ドイツは最初の交代でエジルを下げてアンドレ・シュールレがピッチに立つ。直後にポルトガルに追い打ち。コエントランがトラップする際、右足股関節を痛めた様子を見せ、担架に運ばれて、アンドレ・アルメイダが入り、交代枠を全て使い切ってしまう。

 ポルトガルも攻めを見せる中69分、ドイツはカウンターからシュールレが抜け出して中央のゲッツェへパスし、チャンスとなったが、シュートはDFにブロックされる。ドイツも73分にアクシデント。フンメルスがヘディングの競り合いから着地の際、右ひざをひねって、シュコドラン・ムスタフィと交代する。

 75分にポルトガルはミドルシュートのこぼれ球をエデルがつめると、ベネディクト・ヘヴェデスに倒されたが、ホイッスルは鳴らず。78分、ドイツは右サイドからシュールレが低い弾道のクロスを送ると、GKが弾いたところにミュラーがつめて、4点目を獲得する。

 82分にはハットトリックを達成したミュラーを下げ、ルーカス・ポドルスキがピッチに立つ。ドイツは試合を支配し、そのまま危なげなく完勝。4-0で白星スタートとなった。

 グループG第2節では、ドイツが21日にガーナと、ポルトガルが22日にアメリカと対戦する。

【スコア】
ドイツ 4-0 ポルトガル

【得点者】
1-0 12分 ミュラー(PK)(ドイツ)
2-0 32分 フンメルス(ドイツ)
3-0 45+1分 ミュラー(ドイツ)
4-0 78分 ミュラー(ドイツ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO