2014.06.14

日本代表、W杯初戦勝利のカギは…グループDではビッグマッチが実現

日本代表はW杯初戦でコートジボワール代表と対戦する [写真]=兼子愼一郎

 3日目はいよいよ日本代表が登場する。直前のテストマッチで3連勝を飾り、けが人も続々と復帰してチームが上り調子にある中、悲願のベスト8進出に向けて大事な初戦に挑む。相手はアフリカの強豪コートジボワール。不動のエースであるディディエ・ドログバ、快足アタッカーのジェルヴィーニョと、前線の要注意人物が好調を維持する一方で、司令塔のヤヤ・トゥーレはけがを抱えており、日本戦に出場するかどうかは微妙な状況だ。復帰すれば脅威が増すだけに、日本とすれば相手に攻める機会を与えず、終始ゲームをコントロールする必要がある。日本らしいパスワークで揺さぶって先制点を奪い、試合を優勢に進めたい。アジリティーに優れ、90分を通じてハードワークを続けられる香川真司や岡崎慎司の動きがカギを握るだろう。

 グループC、もう1試合のコロンビアvsギリシャも、日本の対戦相手となるチームの状態や戦術を見るという点では注目の一戦だ。コロンビアは絶対的エースのラダメル・ファルカオを始め、30人の予備登録メンバーに負傷者が続出し、フルメンバーを揃えることができなかった。それでも、10番を背負うハメス・ロドリゲスを筆頭にタレントが揃い、攻撃的なスタイルは魅力十分。堅守を誇るギリシャとの激しいマッチアップが注目ポイントだ。

 グループDではイングランドvsイタリアというビッグマッチが実現。イタリアは守護神ジャンルイジ・ブッフォンを中心とした堅守に加え、前線にはアントニオ・カッサーノ&マリオ・バロテッリという“悪童コンビ”を擁し、攻撃力も抜群。イングランドもウェイン・ルーニーを中軸に据え、ダニエル・スタリッジやダニー・ウェルベックといった活きのいい若手が揃っている。ともに優勝候補にも挙げられるチームだけに、大会の行方を占う意味でも重要な一戦になるだろう。

 また、前回大会4位のウルグアイはコスタリカと対戦。“死のグループ”を突破するためには何としても勝ち点3を確保したい一戦で、5月下旬にひざの半月板を損傷し、緊急手術をしたエースストライカー、ルイス・スアレスの回復具合、そしてセレッソ大阪でプレーするディエゴ・フォルランのパフォーマンスも気になるところだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング