FOLLOW US

5失点のGKカシージャス「1-3になってもう終わったと分かった」

ミスし、ファン・ペルシーにこの試合4点目となるゴールを奪われたGKカシージャス [写真]=Getty Images

 13日に行われたブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節、グループBのスペイン代表とオランダ代表の対戦は、スペイン代表が1-5でオランダ代表に大敗した。スペイン紙『アス』が、レアル・マドリードに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャスの試合後のコメントを伝えている。

 この試合の87分まで失点しなければ、ワールドカップの連続無失点時間の記録を更新できる可能性もあったカシージャスだが、前半44分にオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーに同点弾を許し、記録更新とはならなかった。また自身のミスで、後半の72分にまたもファン・ペルシーに4点目となるゴールも奪われている。

 同選手は大敗した同試合で、3点目を許した時点で諦めてしまったことを明かした。

「彼らは驚異的なプレーを見せたが、僕らはできなかった。僕自身も良いプレーができなかった。だからあんなミスもしてしまった。3点目を入れられたとき、僕らは下を向いてしまった。1-3になって、もう終わったと分かったんだ。でも時には、この試合のようなことが起こるのはいいことでもあるだろう」

「この試合をドラマみたいに表現するべきじゃない。僕らは世界チャンピオンだ。それに批判も受け入れる。だが今はチリ戦の事を考えなければならない。決勝戦に挑むような気持ちでね」

 グループBに属するスペイン代表は、18日にチリ代表と、23日にオーストラリ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO