2014.06.14

伊代表キエッリーニ、上位進出のキーマンは「ピルロとブッフォン」

ジョルジョ・キエッリーニ
W杯に臨むイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは、クラブチームと代表チームで共にプレーするMFアンドレア・ピルロとGKジャンルイジ・ブッフォンのベテランコンビがチームの中軸であると語った。彼らが万全の状態でブラジル・ワールドカップに臨む必要があると感じているようだ。FIFA(国際サッカー連盟)公式サイトがキエッリーニのコメントを伝えている。

 2010年に行われた南アフリカ大会では、ピルロが直前に行われた強化試合でふくらはぎを負傷。ブッフォンも初戦のパラグアイ戦で椎間板ヘルニアに見舞われ、大会後に手術を行っていた。

 前回大会の王者として臨んだイタリアだったが、ベテラン2人のコンディションが整わず、2分1敗の成績でグループ最下位となり大会を去った。キエッリーニは、ピルロとブッフォンが万全ならば上位に進出できると語った。

「南アフリカのときは本当に不運だったよ。チームのキーマンが2人もケガで満足に出場できなかったんだ。チームとしても最悪の結果を残してしまったね。しかし、今大会は2人とも状態が良い。僕たちはタフなグループに入ってしまったけれど、きっと突破できると思っているよ」

「ピルロとブッフォンは僕たちにとって重要な選手だ。彼らは品格を持っていて、それがチームに良い影響を与えてくれる。僕たちは彼らに気持ちよくプレーしてもらわなければいけないね」

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング