FOLLOW US

前回王者がW杯初戦大敗…スペイン指揮官「受け入れなければ」

敗戦に落胆するスペイン代表のデル・ボスケ監督 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が13日に行われ、グループBではスペイン代表とオランダ代表が対戦。前半にPKで先制を許したオランダだったが、前半終了間際にFWロビン・ファン・ペルシーの得点で同点とすると、後半は怒涛の4得点で、5-1と逆転勝利。前回の南ア大会決勝で敗れた相手に雪辱を果たした。

 試合後、スペインを率いるビセンテ・デル・ボスケ監督はオランダが「良いチームだった」と認め、試合の総括を語った。スペイン紙『マルカ』など各メディアが同監督のコメントを伝えている。

「これはスポーツの話だ。我々はこの敗戦を受け入れなければいけない。明らかに後半は我々よりも彼らの方が素晴らしいチームだった」

「彼らが良いパフォーマンスを見せたと認めなければいけないだろう。これはデリケートな試合だった。問題を解決しなければならない」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO