2014.06.13

胃痛で練習を控えていたフォルランが復帰…スアレスも順調な回復ぶりを見せる

フォルラン
練習に復帰し、「試合に影響はない」と語ったフォルラン [写真]=Getty Images

 ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランは、11日のトレーニングを胃痛のため休んでいたが、現在は問題なく練習に復帰している。アメリカのスペイン語スポーツメディア『ESPN Deportes』が伝えた。

 今季セレッソ大阪に加入した35歳のフォルランは、11日の午前中に胃の痛みを訴えたため、大事を取ってその日のトレーニングを控えたという。ストレッチやエクササイズだけで引き上げたため、チーム内外から心配する声も上ったが、一晩明けた12日には胃痛も完治したようで、問題なくトレーニングを消化。フォルランは「心配を掛けて申し訳ない。もう大丈夫だし、試合に影響はないよ」と明るく述べている。

 一方、手術した左ひざの回復が待たれるFWルイス・スアレスは、チームの輪に加わってボールを使った練習を再開。テニスなどのトレーニングもこなしたようで、順調に回復していることをうかがわせた。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る