FOLLOW US

イングランド代表がW杯拠点のリオに到着、指揮官は準備期間に満足

ブラジルに到着し、ギターを片手に飛行機から降りるベインズ(中央) [写真]=Getty Images

 イングランド代表が8日、ブラジル・ワールドカップ本大会の拠点となるリオ・デ・ジャネイロに到着した。

 最終遠征地アメリカのマイアミからの飛行時間は8時間半で、到着するなり選手たちは送迎バスに乗り込み、宿泊先のロイヤル・チューリップホテルへと移動した。宿泊先には警備員が常駐しており、練習場はシュガー・ローフ山の麓にある軍隊の施設を使用する。

 到着に際し、イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督は次のように話した。

「チームスピリットは非常に良いし、それはチームが最初に集結したポルトガル遠征から続いている。我々は常に自分たちの照準をブラジル到着に合わせてきたし、土曜のマナウスでの初戦(イタリア戦)にさらに集中する。我々は残り1週間でチームを100%の状態に仕上げるつもりだ。全体的に見ても、この3週間は素晴らしい準備期間だった」

 イングランドは今後1週間の練習日程を公表しており、9日朝に公開練習、10日朝に筋力強化練習、11日朝に再び全体練習、12日朝にマナウス入りし、13日朝に現地で軽めの練習を行った後、14日夕方にアレナ・アマゾニアスタジアムで行われるD組初戦のイタリア戦に挑む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA