2014.06.09

ファン・ペルシー「ここ5、6年で痛みを感じない試合はなかった」

自身のコンディションについて語ったファン・ペルシー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが8日、同国代表の記者会見に出席し、自身のコンディションや、ブラジル・ワールドカップの初戦について語った。イギリス紙『デイリーメール』が記者会見の様子を伝えた。

 ファン・ペルシーは、4日に行われた国際親善試合のウェールズ代表戦でそ径部を痛めて前半のみの出場となった。しかし、けがは軽傷であり、ブラジル・ワールドカップへの出場は問題ないと見られている。

 自身のコンディションに関する質問に対し、ファン・ペルシーは「ここ5、6年、体のどこかで痛みを感じない試合はなかったよ」と回答。ここ数年は自らのコンディションに悩まされてきたことを明かした。

 しかし、ファン・ペルシーはグループBの初戦であるスペイン戦(13日)への出場は問題ないと強調。以下のようにコメントしている。

「全てのトレーニングを消化することができたし、快適だったよ。今はそ径部に問題はない。スペイン戦の準備は完璧にできている。スペインは良いチームだ。でも、僕たちも同じだと思っている」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る