2014.06.05

W杯出場国同士のエクアドルとイングランドの対戦はドロー決着

エクアドルとの一戦を2-2で引き分けたイングランド代表 [写真]=Getty Images

 4日にアメリカのフロリダ州で行われた国際親善試合でエクアドル代表とイングランド代表が対戦し、2-2の引き分けに終わった。

 5月30日に行われた国際親善試合でペルー代表に3-0で完勝したイングランドは、今回の一戦でも先発したウェイン・ルーニーに加え、負傷が癒えたフィル・ジョーンズがセンターバックの一角に入った。そのほかでは、今シーズン限りでチェルシーを退団することが決定したフランク・ランパードが先発出場し、ゲームキャプテンを務めた。

 対するエクアドルは、31日に行われたメキシコ代表との強化試合に1-3で敗戦。今回のイングランド戦では、メキシコ戦でベンチスタートだったアントニオ・バレンシアが先発メンバーに入るなど、主力が名を連ねた。

 イングランドはロス・バークリーをトップ下に配した4-2-3-1でスタート。対するエクアドルは攻撃陣の主軸を担うA・バレンシアを右サイドに起用した4-4-2の布陣を用いた。

 試合は、中盤の個々の質で上回ったイングランドが立ち上がりからポゼッションを握る。7分にはボックス右外に流れたリッキー・ランバートのパスを、中盤からのオーバーラップでボックス中央に侵入したランパードがシュート。右足のインサイドで狙ったシュートは、惜しくもゴール左へと外れた。

 良い形で試合に入ったイングランドだったが、先にゴールネットを揺らしたのは、守勢のエクアドルだった。8分、左からワルテル・アヨビがクロスを入れると、クリス・スモーリングとルーク・ショーの間に上手くポジションをとったエンナル・バレンシアがヘディングシュート。芯をとらえた強烈なシュートは、GKの反応できないスピードでゴール左に吸い込まれた。

 一瞬の隙を突かれたイングランドだが、失点後は積極的にエクアドルゴールを強襲。トップ下で起用されたバークリーが推進力のあるドリブルでボックスに侵攻するなど、持ち味を生かしてシュートチャンスをお膳立てした。しかし、ゴール前で身体を投げ出す相手の守備に阻まれ、ゴールを奪うことができない。

 それでも29分、イングランドが同点に追いつく。右からアレックス・チェンバレンがクロスを蹴り上げると、ファーポストに飛び込んだランバートがこれに反応。ランバートのシュートは左ポストに弾かれるも、最後はゴール前に詰めていたルーニーが右足で押し込んだ。

 前半のうちに同点に追いついたイングランドは、その後もペースを掌握する。前半終了間際にはルーニーやバークリーに得点機が訪れたが、いずれのシュートも枠外。2点目を奪うチャンスを演出したイングランドだったが、結局は1-1で前半を終えた。

 迎えた後半も主導権を握ったのはイングランド。すると51分、左サイドからボックス手前に向かってドリブルを開始したバークリーがランバートへのパスを選択。ボックス右でフリーとなっていたランバートが右足を振りぬくと、ボールが勢いよくゴール左に突き刺さった。

 勝ち越しに成功したことで勢いが加速したイングランドだったが、64分にルーニーを下げて以降からエクアドルに押し込まれ始める。すると70分、試合が振り出しに戻る。

 2分前に投入されたマイケル・アロヨがボックス手前でボールを受けると、対応に入ったジャック・ウィルシャーとジェームズ・ミルナーをワンフェイントで振り切る。そのフェイントから流れるように蹴り出されたシュートは、GKフレイザー・フォースターの伸ばした手をすり抜けてゴール右へと吸い込まれていった。

 6人の交代が許される強化試合ということもあって、70分以降は互いに次々とカードを切っていく。だが、勝ち越す決定打を見出せない中で迎えた79分にアクシデントが発生。ラヒーム・スターリングのプレーを発端に、激高したA・バレンシアがレッドカードを提示され、スターリングと共に退場処分を命じられた。

 その後、互いに1人ずつを欠いた中で再開した試合のスコアは動くことなく、2-2で終了。13日から開幕するブラジル・ワールドカップへ向けて調整を続ける両者だったが、退場者を出すなど、後味の悪さが残る試合となってしまった。

【スコア】
エクアドル 2-2 イングランド

【得点者】
1-0 8分 E・バレンシア(エクアドル)
1-1 29分 ルーニー(イングランド)
1-2 51分 ランバート(イングランド)
2-2 70分 アロヨ(エクアドル)

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る