2014.06.04

人種差別や噛みつき行為のスアレス「悪童のイメージを払拭したい」

スアレス
今季初め6試合の出場停止処分を受けるも得点王となったFWスアレス [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、自身の世間体について、アメリカ誌『スポーツ・イラストレイテッド』のインタビューで語っている。

 同選手は、今までの悪いイメージを払拭できることを望んでいると次のように語っている。

「固定しているバッドボーイのイメージを払拭したい。俺は他の人が言うような人間だとは思っていないよ。自分のことが話題になっているのを読んだり、聞いたりするのは最悪だ。ピッチ上では感情が自分を圧倒してしまうときもある。そして後になって後悔するようなことをしてしまうんだ」

 また今シーズンは、良いプレーを続けることを心掛け、今までとは変わったことを明かしている。

「俺は昨夏以来、模範となるような選手だったと思う。プロフェッショナルだったし、努力して前に進むことを強く望んでいた。試合では悪い態度をださず良いプレーを続けなければならないことに気付いたんだ。そして人から言われることを気にせず良いプレーができたよ。ピッチ上ではあまり良くない行いもした。でも俺はピッチの外に出たら本当に違うんだ。俺はとてもシャイだよ」

 スアレスは、2011-12シーズンの10月に行われたマンチェスター・U戦で、フランス代表DFパトリス・エヴラに対して人種差別的な発言を行ったとして、FA(イングランドサッカー協会)から出場停止および罰金の処分を科されていた。その後同シーズン2月のマンチェスター・U戦でエヴラとの握手を拒否し、再度話題となっていた。さらに2012-13シーズンの4月にはチェルシーのセルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチの腕に噛みつきFAから10試合の出場停止処分を科せられた。処分は今シーズンに持ち越され、プレミアリーグの初戦から6試合出場していなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る