2014.06.01

仏代表FWリベリーが背中の痛みで検査…W杯は問題なしか

リベリー
病院で検査を受けたフランス代表FWリベリー [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するフランス代表FWフランク・リベリーが腰の痛みのため、5月31日に病院で検査を受け、来週にはトレーニングを再開でき、ブラジル・ワールドカップには影響しない見込みとなった。フランス紙『レキップ』が報じている。

 同選手のけがは練習に参加することもできないほどで、27日の親善試合のノルウェー戦も欠場していた。チームはキャンプ地ニースに出発したが、同選手は1人パリ市内の病院で検査を受けることになっていた。

 検査後、フランスサッカー連盟は、「検査の結果、ワールドカップには影響がないとわかった。彼は腰付近に痛みを感じているが、来週にはトレーニングを再開できるだろう」とコメントしている。

 6月1日に、フランス代表は親善試合でパラグアイ代表と対戦するが、リベリーは欠場が濃厚となっている。フランス代表は、本大会でグループEに属し、ホンジュラス、スイス、エクアドルと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る