FOLLOW US

デル・ボスケ、スペイン代表のW杯23名メンバーはまだ明かさず

スペイン代表のデル・ボスケ監督 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップに臨むスペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は、25日に本大会出場の23名を発表する予定だったが、決断を先延ばしに。30日に開催されるボリビア代表との国際親善試合に出場する19名の招集メンバーを発表するにとどめた。

 デル・ボスケ監督は「2日までにFIFAに最終メンバーを提出すればいい。なぜ期限よりも前に提出しなければいけないんだ」とコメントしている。スペイン代表は5月13日に30名の候補メンバーを発表していた。ボリビア戦の招集メンバーには24日に行われたチャンピオンズリーグ決勝に参加したレアル・マドリード、アトレティコ・マドリードの選手は含まれていない。

 ボリビア戦のメンバーに30名の候補者以外から唯一、エヴァートン所属のFWジェラール・デウロフェウが選出されている。指揮官はデウロフェウについて、「デウロフェウはとてもよかった。彼はサイドの選手で、エヴァートンでいいシーズンを過ごした。親善試合、最終メンバーリストを含めて、彼を招集するとは私たちは考えていなかった」と、期待以上の活躍を見せたための招集だと明かした。

 フォワードにはコンフェデレーションズカップ決勝以来、初めてフェルナンド・トーレスが招集され、アルバロ・ネグレドとフェルナンド・ジョレンテは呼ばれなかった。この2人について、デル・ボスケ監督はこう語っている。

「6月2日まで全員がメンバーに入る準備をしておいて欲しい。30日までは最終メンバーを提出しない。ネグレド、もしくはジョレンテもワールドカップに行くという選択肢がある。大事なのは全員のフィジカルがいいことだ」

 また、デル・ボスケ監督はトーレスについてこう語っている。

「選手のグループの中から外す選手を決めなければならず、私たちはフェルナンド・トーレスはリストにいるべきだと思っていた。彼を見て、いい感触を感じている。私は彼を完全に信頼している。私たちは全員とコンタクトをとっており、彼らは皆、コンディションはいいと言っていた」

 センターフォワードの枠は熾烈な争いが予想されたが、指揮官はジョレンテ、ネグレドよりも経験が豊富なトーレスを信頼しているようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO