2014.05.23

スペイン代表、センターフォワード枠争いはD・コスタの回復次第

ジエゴ・コスタ
CLへ向けた22日の練習には復帰したジエゴ・コスタ [写真]=Getty Images

 25日、ブラジル・ワールドカップに挑むスペイン代表メンバー23名が発表される。

 スペインの地元メディアは何カ月も前からセンターフォワードを話題にしていた。ビセンテ・デル・ボスケは“9番”としてはたして誰を連れて行くのか。

 スペインにはダビド・ビジャ、フェルナンド・トーレス、フェルナンド・ジョレンテ、アルバロ・ネグレド、そしてジエゴ・コスタと他国も羨む優秀なフォワードが揃っている。これまでのワールドカップや欧州選手権でビセンテ・デル・ボスケ監督は招集メンバー23名のうちセンターフォワードを3名選出している。よってブラジルにも3名連れて行くことが予想されており、30名候補に入った5人のセンターフォワードのうち2人が外れることになる。

 地元メディアはデル・ボスケ監督が、ワールドカップに連れて行く3名のフォワードは24日のチャンピオンズリーグ決勝を見てから決めるだろうと推測する。なによりもスペイン代表のテクニカルスタッフが気を揉んでいるのがジエゴ・コスタだ。

 17日のリーガ最終節で行われたバルセロナ戦の前半に負傷退場。アトレティコ・マドリードと代表のメディカルスタッフは情報交換をした。その後、アトレティコ・マドリードは24日のチャンピオンズリーグ決勝でジエゴ・コスタがプレーできる可能性を模索した。その結果、ベオグラードに彼を連れて行き、サッカー選手の負傷の治療経験が豊富で“奇跡の医師”と言われるコバチェビッチ医師による治療を受けさせた。

 代表のメディカルスタッフはベオグラードでどのような治療を受けて、どんな状態なのか、把握していない。ジエゴ・コスタがワールドカップに出場できるコンディションに戻ったのか、情報は掴めていない。ゆえに24日のリスボンでの決勝でジエゴ・コスタの状態を確認してからデル・ボスケ監督はセンターフォワードの3人を決めることになる。

 アトレティコ・マドリードのリーガ制覇の立役者ジエゴ・コスタはスペイン代表でもセンターフォワードのファーストチョイスだ。今シーズンのパフォーマンスを見れば、誰もが納得するだろう。しかし、彼のコンディションが懐疑的なので、フォワードの選考は発表される25日ギリギリまでわからないだろうと地元メディアは推測している。

 地元メディアはジエゴ・コスタの次にフォワードに選出される可能性が高いのはビジャと予想。左サイドのアタッカーとしてもプレーでき、今までの代表のグループで大きな役割を果たしてきたことも大きい。95試合56得点という実績も十分だ。そして3番目のフォワードとして招集されると推測されているのがネグレドだ。クラブでも活躍し、ワールドカップ予選でもスペイン代表の9番を務めた。これまでに代表で決定的なゴールを決めてきたトーレス。イタリアのユヴェントスで素晴らしいシーズンを過ごしたジョレンテ。この2人が外れるのではないか。このような予想が多い。

 はたしてデル・ボスケはどの3人をブラジルに連れて行くのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る