2014.05.23

部外者の立ち入りを禁ず…隔離された環境でW杯へ集中するドイツ代表

ドイツ代表
ブラジルW杯へ向けた合宿を行っているドイツ代表 [写真]=Bongarts/Getty Images

 22日、イタリア北部の南チロルで合宿を行っているドイツ代表は無事に2日目の全行程を終えた。

 そんな代表選手達を一目見ようと、約100人の観光客や地元民が集まってきているようだが、それも徒労に終わっている。なぜなら滞在先のホテル『Andreus』周辺は広範囲に亘り24時間体制で規制が敷かれ、同ホテルは完全に隔離されているからだ。

 また、ドイツサッカー連盟は“内部”にも神経を尖らせている。

 通常であれば200人の宿泊が可能であるところを、同連盟は選手やスタッフなど関係者60人のためだけに全室をブッキング。部外者を完全にシャットアウトしている。

 ホテルに入らざるを得ない(例えば郵便配達や食材搬入の)業者でさえ、敷地に足を踏み入れる前には「ホテル内での会話は一切外部に漏らさない」という誓約書にサインをしなければならないそうだ。

 ホテル側の配慮も素晴らしい。

 マーケティング担当者アンドレア・クラッツォララ氏は「このホテルは非常に新しく、必要と思われるものはほぼ全て揃っています」と自信を持って話す。もはや日常生活に欠かせない高速のインターネット設備は事前に入念なチェックがなされ、部屋には新しいフルーツが毎日置かれているという。

 また代表スタッフの要求を受け、ホテルは新たに大型の製氷機も購入。1日に約200kgの氷が、トレーニング後のアイシングに使われるためだ。

 ドイツ代表は最高の環境の中で日々練習をおこなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る