FOLLOW US

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表が洪水被害にあった子どもたちを支援イベントを開催

(C)UNICEF/2014

 5月24日(土)、サラエボのオトカ・スタジアムで「みんなで一つの場所に(All in One Place)」をモットーを掲げ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表と子どもたち100名とのスペシャルマッチが行われる。

 スタジアムには、国内各地の子どもたちが集まり、ブラジルへ出発するボスニア・ヘルツェゴビナ代表に声援、激励、笑顔を送る。試合には特別ゲストとして、先週バルカン半島で起きた大洪水で被害を受けたマグラジの子どもたちが招待される。

 試合に出場する子どもたちは、男女、障がいのある子どもを含めたサッカー好きの100名。各地からスタジアムを訪れる子どもたちは3000人以上で、洪水の被害でスタジアムに行くことが出来ない人たちにメッセージを送る予定となっている。

 チームのキャプテンで、イベントの発起人の一人であるエミル・スパヒッチは「我々の心と祈りは、洪水の被害にあったサポーターとともにあります。すでに一部で支援を行っていますが、この悲劇から立ち上がるために、今後も支援を続けていきます。子どもたちは、我々の最も愛すべきサポーターであり、今回のワールドカップ出場を子どもたちと共に祝うことを、チーム全体が望んでいました。この試合を通じて、我々は、障がいのある子どもたち、また洪水の被害にあった子どもたちが直面する問題に社会の関心が集まることを願っています。また、困難な状況にあるサポーターのみなさんを勇気づけることを目指しています」とコメント。

 ユニセフ・ボスニア・ヘルツェゴビナ事務所代表のフローレンス・バウアーは「この試合が、被災したすべての子どもと家族にいくばくかの喜びと安心を届けられればと願っています。ユニセフは、子どもたちが必要としていることを確認し、早期の回復と今後の対策を含め、緊急事態にある子どもたちへの支援を全力で行います。他の国連機関やボスニア・ヘルツェゴビナ当局とともに、復興支援を行っていきます」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA