2014.05.21

イングランド代表、W杯での試合費約6500万円をチャリティに寄付

イングランド代表
チャリティーイベントに出席したジェラード(左端)ら [写真]=Getty Images

 イングランド代表が18日、ロンドン郊外のハートフォードシャーにあるグローブ・ホテルでブラジル・ワールドカップの壮行会を行い、本大会で選手たちが受け取る試合費の約38万ポンド(約6500万円)を慈善活動に寄付することを発表した。19日のイギリス紙『メール』が報じた。

 壮行会には先にポルトガルで自主練習をスタートさせているマンチェスター・UのFWウェイン・ルーニーを除く22人が出席。有名シェフのマルコ・ピエール・ホワイト氏がゲストにディナーをふるまい、ロックバンドのカイザーチーフスやヒップホップデュオのリズルキックスなどが演奏を行った。

 この慈善活動は「イングランド・フットボーラー基金」というもので、1966年のワールドカップでイングランドを優勝に導いた当時の主将ボビー・ムーア氏を追悼し、同氏の妻ステファニーによって1993年に創設された。寄付金は英国がん基金をはじめ、子供や軍隊の慈善団体、障害を持つ子供たちのための学校などに寄付される。

 同基金で団長を務める代表主将のリヴァプールMFスティーヴン・ジェラードは、「こうした慈善活動は重要だし、大きな影響力を持つ代表選手たちは慈善活動に協力し、国民の模範となるべきだと思う。多くの人たちがこの活動から恩恵を受けているし、素晴らしい活動だ。この活動の一部になれることを誇りに思う」と語った。

 19日からポルトガルのバレドロボで合宿をスタートさせたイングランドは、30日にウェンブリー・スタジアムで行われる親善試合でペルーと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る