2014.05.20

英紙報道、Y・トゥーレがマンCに不満…代理人は移籍の可能性示唆

ヤヤ・トゥーレ
Y・トゥーレ(右)の代理人が移籍の可能性を示唆 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・C所属のコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、今夏の同クラブ退団を検討していると、代理人を務めるディミトリ・セルク氏が明かした。イギリス紙『ガーディアン』が20日に報じた。

 同紙は、13日に開催されたクラブ主催のプレミアリーグ優勝祝賀イベントで、同日に31歳となったヤヤ・トゥーレが誕生日を祝われなかったと報道。セルク氏は、「彼の誕生日を、通常の日として扱うことはあり得るし、普通のクラブであれば、少なくともチームメートやクラブは、祝福の言葉をかけるだろう」と、話したうえで、「しかし、11日にリーグタイトルを獲得して、13日にアブダビへ移動して大きなパーティーが行われた時に、『誕生日おめでとう』と、誰もヤヤに言いに来なかったんだ。2回のリーグチャンピオンに貢献したヤヤを忘れていた?FAカップとリーグカップを制覇した時にもチームを助けた男を?」と、コメントしたと伝えられている。

 さらにセルク氏は、「ヤヤは非常に動揺していて、シティを離れることを考えている。今はワールドカップに集中しなければいけないが、シティの彼への扱いは敬意を欠いたもので、そのことにヤヤは傷ついているんだ」と、コメント。「彼らは、関係を金で買えないということを知らないんだ。これは金や契約の話ではない。人間関係に関する話だ。彼らは敬意を欠いている。繰り返しになるが、金の話ではない」と、強調したうえで、「彼はバルセロナへの復帰も視野に入れるだろう」と、移籍の可能性にも言及した。

 なお同紙は、1年前にヤヤ・トゥーレが契約延長の交渉をしていた時にも、セルク氏がクラブの同選手への扱いに不満を漏らし、移籍の可能性を示唆したと報道。毎年恒例のこととなっているため、マンチェスター・C側はセルク氏の発言をさほど脅威には感じないのではないかとの見込みを伝えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング