FOLLOW US

ドイツ代表ファンは安堵…包帯姿撮られたノイアー&足首負傷のラームは問題なし

ドイツ代表とバイエルンでともにチームメイトのノイアー(左)とラーム(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 5月19日、とある写真が公開され、ドイツサッカーファンの多くはショックを受けたに違いない。

 なぜならドイツ代表の医療スタッフ、ミュラー・ヴォールファールト医師の診察を終えたドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの右肩が、包帯でしっかりと固定されていたからだ。

 しかし、大衆紙『ビルト』のバイエルン担当者はツイッターで「右肩関節に小さなけがが認められたが、固定しているのは安静に保つため」とその症状を報告。周囲の不安を煽らないためか、その約10分後にはノイアー本人も自身のフェイスブックで症状を説明した。

「今日診察に行ったけど、ワールドカップ出場は何も問題ないそうだ。南チロルでの水曜からの代表合宿にも行ける。公開された写真はちょっと大袈裟に映ってしまったね。でもあれは肩への負担を取り除くだけだからさ」

 またDFBポカール決勝で左足首を痛め、前半途中でベンチに退いた主将フィリップ・ラームについても、所属クラブの広報担当マルクス・ヘルヴィックが「5~7日ほど休めば大丈夫」と発表。両選手が無事であることを報告している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA