FOLLOW US

同点弾のアトレティコDFゴディン「すばらしい仕事を成し遂げた」

同点弾を決めたアトレティコのゴディン [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ最終節が17日に行われ、バルセロナとアトレティコ・マドリードが対戦。優勝を懸けた大一番は1-1の引き分けに終わり、アトレティコ・マドリードが勝ち点を90に伸ばして18シーズンぶりの優勝を決めた。

 試合後、アトレティコ・マドリードのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが優勝の喜びを語った。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。ゴディンは49分に同点弾を決めた。

 ゴディンは、「僕たちはシーズンを通して戦い続け、すばらしい仕事を成し遂げた。レアル・マドリードやバルセロナを前にして、38試合(のリーグ戦)を戦うことは、難しいものだったよ」と、今シーズンを振り返った。

 そして、1点ビハインドで前半を終える展開を振り返って、「彼(ディエゴ・シメオネ監督)は、『ゴールを決めることができると信じている』と、ハーフタイムに言ったんだ」と、明かし、「サッカーは、正義のものだった」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA