FOLLOW US

伊代表監督、カッサーノ招集理由は「誇り高き気持ち、モチベーション」

イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(右)[写真]=Getty Images

 イタリア代表のチェーザレ・プランデッリ監督が、30人の代表選手の招集理由とワールドカップ本大会について『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューを受けて語った。

「選手についてはシーズンのプレーの分析とフィジカルテストの結果を考慮して決めた。(アレッサンドロ)ディアマンティと(エマヌエレ)ジャッケリーニには申し訳なく思う。彼らががっかりするのはわかっていた。また(シモーネ)ザザについてもそうだ」と、最終段階まで残っていた選手の名前を具体的に挙げた。

 また故障から復帰して間もないジュゼッペ・ロッシが選ばれた理由を「けがから4カ月半を経て、セリエの試合でゴールを決めるなど、素晴らしいプレーをした。彼を招集したのは一つのメッセージだ。もし困難な状況に置かれても全力で立ち向かい、戦い抜いたならチャンスが与えられるということ。代表がマルチェロ・リッピ監督時代の2006年、当時のフランチェスコ・トッティのケースに似ている」と説明した。

 攻撃陣のアントニオ・カッサーノ、チーロ・インモービレ、マッティア・デストロらについても触れた。「カッサーノの誇り高き気持ち、モチベーション、得点シーンで最終パスを挙げられる意味で他の選手よりリードしていた」とし、「インモービレは10カ月前まで誰も彼を推薦しようとはしなかったが、彼は主役になれるキャパシティーを持っている。代表でいうと、パロオ・ロッシやサルバトーレ・スキラッチを思い起こさせる」と期待を寄せている。

 フォーメーションは4-3-1-2、4-5-1、3-5-2などを想定していくという。そして優勝候補はブラジルと予想し、サプライズを起こす可能性はベルギー、コロンビア、フランスにあるとした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA