FOLLOW US

リヴァプール監督、ジェラードの代表引退希望「W杯後検討が必要」

ジェラードの代表引退を希望していることを示唆したロジャーズ監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールを率いているブレンダン・ロジャーズ監督が、ブラジル・ワールドカップの終了後に、イングランド代表MFスティーブン・ジェラードの代表引退を望んでいることを示唆した。大手メディア『スカイスポーツ』が報じている。

 リヴァプールは今シーズン2位で終わり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が決まっている。ジェラードの負担が大きくなることを不安に思う同監督は、次のように語っている。

「ジェラードは34歳になる。彼はブラジル・ワールドカップの後に、色々と検討する必要があると私は思う。私にとって彼は人として、リーダーとして、キャプテンとして素晴らしい選手だ。来シーズンのチャンピオンズリーグで注目される選手の1人となるだろう。毎日規則正しく生活し、体にいい食事をし、体重も適正で、コンディションもすごく良い。来シーズンは要求が大きくなる。もし彼が代表について話をしに来たら、私の意見を言うよ。だが彼自身が決断しなければならないことだ。彼は試合やリヴァプールに対してはっきりとしたビジョンを持っていて、イングランド代表としてプレーするのも大好きだ。これから、イングランド代表に集中するだろう。今後どうなるかはそのあとだ」

 ジェラードは今シーズン、プレミアリーグで38試合中34試合に出場し、13ゴール、13アシストを挙げている。また、6月に開催されるブラジル・ワールドカップのイングランド代表に選出されており、グループDでイタリア代表、ウルグアイ代表、コスタリカ代表と試合を行う。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO