2014.05.10

シャルケ、独代表に10代2名が初招集…マイヤー「本当にびっくり」

マイヤー
W杯の独代表予備登録メンバーに招集されたMFマイヤー [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツサッカー連盟は8日、6月に開幕するブラジル・ワールドカップに臨むドイツ代表の予備登録30選手を発表した。

 日本代表DF内田篤人所属のシャルケからは、4選手が招集された。初招集となったMFレオン・ゴレツカとMFマックス・マイヤーが喜びを語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 19歳のゴレツカは、「代表に選ばれるかどうか、考えたことはなかった。でも、(今回の選出は)後半戦のパフォーマンスに対するご褒美のようなものだと思う。これで代表チームに合流できると思うと、すごくうれしい。とにかく、早くチームに馴染めるようにがんばるし、もしかしたら、初の代表戦に出場できるかもしれないね。最終的に(ヨアヒム・レーヴ)監督に選んでもらえるように、何が何でもがんばるよ」と、抱負を語った。

 また、18歳のマイヤーは、「全く予想していなかったから、本当にびっくりしたよ。レーヴ監督が(3日の第33節)フライブルク戦で視察に来ていた時でも、A代表に選ばれるなんて思いもしなかったしね。もちろん、最高にうれしいけど、今の時点では期待しすぎないようにしている。最終的には23名に絞られるわけだから、とにかく全力を尽くすよ」と、話した。

 ゴレツカは今シーズン、ブンデスリーガで24試合出場4得点を記録。マイヤーは、29試合に出場して6得点を挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る