2014.05.06

バイエルンのボアテングが2試合出場停止…最終節と来季開幕戦欠場

ボアテング
暴力行為で退場となったボアテング(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 3日に行われたブンデスリーガ第33節のハンブルガーSV戦で退場処分を受けたバイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、2試合の出場停止処分を科されることとなった。クラブの公式HPが伝えている。

 ボアテングは、ハンブルガーSV戦の86分に、相手選手に暴力行為をしたため、レッドカードを受けた。バイエルンは5日、公式HPにて、ボアテングがDFB(ドイツサッカー協会)から2試合の出場停止処分を下されたことを発表。ボアテングは10日に行われるリーグ戦最終節のシュトゥットガルト戦と、来シーズンの開幕戦を欠場することとなった。なお、17日のDFBポカール(ドイツカップ)決勝、ドルトムント戦には出場可能となっている。

 ボアテングは今シーズン、リーグ戦25試合に出場して1得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る