FOLLOW US

EL出場を狙うラツィオとヴェローナ、壮絶打ち合いの末ドロー

マウリ(右)が後半ATに同点弾を決め、ラツィオが引き分けに持ち込んだ [写真]=Getty Images

 セリエA第36節が5日に行われ、ラツィオとヴェローナが対戦した。

 リーグ戦35試合を終えて勝ち点52で並ぶ両チームの対戦。ヨーロッパリーグ出場圏内の5位、日本代表DF長友佑都所属のインテルとの差は5となっている。先制したのはホームのラツィオだった。30分、中央を突破し、ペナルティーエリア左側にスルーパスが通る。アントニオ・カンドレーヴァが折り返すと、最後はケイタ・バルデ・ディアオが右足シュートを決めた。

 1点ビハインドを負ったヴェローナも、37分に反撃。右サイドからのクロスは相手DFにクリアされたが、こぼれ球を拾って二次攻撃を展開し、マルキーニョがペナルティーエリアの外から右足ミドルシュートをゴール左隅へ決めた。前半は1-1で終了した。

 同点で迎えた後半は点の取り合いとなった。60分、勝ち越したのはラツィオだった。ペナルティーエリア手前でのパス回しから、セカンドボールを拾って抜け出したセナド・ルリッチが豪快に右足シュートを突き刺した。しかし69分、ヴェローナのフアン・マヌエル・イトゥルベが、後方からのスルーパスに反応してGKと一対一に。冷静に左足シュートを決めた。

 2-2の同点となり、試合は終盤へ。次の1点はヴェローナが奪った。83分、左サイドからのクロスが中央へ抜け、フリーのロムロが反応。難なく押し込んで、3点目を記録した。

 初めてビハインドを負ったラツィオも、終盤に粘りを見せる。92分、浮き球のパスに反応したミロスラフ・クローゼが、ミケランジェロ・アルベルタッツィに倒され、PKを獲得。アルベルタッツィは2枚目のイエローカードで退場となった。ステファノ・マウリが蹴ったPKは、一時はGKに阻まれたが、こぼれ球を押し込んで、またも同点に。試合は3-3で終了した。

 打ち合いの末に、勝ち点1を分け合う結果となった両チーム。勝ち点は53となり、5位インテルとの差は4となっている。

【スコア】
ラツィオ 3-3 ヴェローナ

【得点者】
30分 ケイタ(ラツィオ)
37分 マルキーニョ(ヴェローナ)
60分 ルリッチ(ラツィオ)
69分 イトゥルベ(ヴェローナ)
83分 ロムロ(ヴェローナ)
93分 マウリ(ラツィオ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA