FOLLOW US

パリSG、リーグ連覇決定は次節以降に…敵地でソショーとドロー

先制点を決めたパリSGのカバーニ [写真]=Getty Images

 リーグアン第35節が27日に行われ、ソショーとパリSGが対戦した。

 リーグ戦34試合を終えて、勝ち点82で首位を走るパリSG。第34節終了時点で、2位モナコとの勝ち点差は10だった。モナコは前日に今節を戦い、アジャクシオに4-0で快勝。勝ち点差は暫定で7となったが、パリSGは勝てば、残り3試合で勝ち点差を10に広げられるため、連覇が決まる。

 先制したのはパリSGだった。24分、ハーフウェーライン付近でボールを持ったチアゴ・モッタが、前線へロングボールを蹴り込む。反応したのはエディンソン・カバーニだった。後方からのボールを胸トラップで前へ押し出すと、そのままペナルティーエリアに入り、倒れ込みながら右足ボレーシュートを決めた。前半は1-0で終了した。

 1点リードで後半を迎えたパリSGだが、56分に同点に追いつかれる。左サイドからのソショーのクロスがDFに当たり、コースが変わってゴール前へ。GKサルヴァトーレ・シリグがパンチングで弾いたボールが、チアゴ・シウヴァに当たってゴールに転がり込んだ。パリSGのオウンゴールで、スコアは1-1となった。

 パリSGはマルコ・ヴェッラッティやハビエル・パストーレらを投入して打開を図ったが、勝ち越し点を奪うことはできず。試合は1-1の引き分けに終わった。

 敵地で勝ち切れなかったパリSGは、勝ち点を83に伸ばしたものの、今節での連覇決定はならなかった。リーグ戦残り3試合で、2位モナコとの勝ち点差は8。5月7日の次節、ホームでのレンヌ戦に連覇が懸かることとなった。

【スコア】
ソショー 1-1 パリSG

【得点者】
24分 カバーニ(パリSG)
56分 オウンゴール(チアゴ・シウヴァ、パリSG)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA