FOLLOW US

Y・トゥーレが1G1A…3位マンCが敵地で快勝、首位と3差に

敵地での完封勝利を喜ぶマンチェスター・Cの選手たち [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第36節が27日に行われ、クリスタル・パレスとマンチェスター・Cが対戦した。

 リーグ戦34試合を終えて勝ち点74のマンチェスター・C。前節終了時点で、首位リヴァプールとの勝ち点差は6だが、マンチェスター・Cの消化試合数は1少ない。今節、同日に行われた試合で、リヴァプールは2位チェルシーとの大一番を0-2で落とし、勝ち点を伸ばせず。マンチェスター・Cは、リヴァプールの試合が終了した後に、クリスタル・パレス戦のキックオフを迎えた。

 首位との差を縮めるチャンスを得たマンチェスター・Cは、開始早々に先制点を奪う。4分、ペナルティーエリア手前、やや右側でボールを持ったヤヤ・トゥーレが、ゴール前へクロスを上げると、エディン・ジェコがヘディングシュートを叩きこんだ。

 先制に成功したマンチェスター・Cは、43分にリードを広げる。ヤヤ・トゥーレがハーフウェーライン付近でボールを持つと、2人とのワンツーで前方へ突破。ペナルティーエリアにさしかかると、相手DFをかわして、左足を振り抜く。カーブのかかったコントロールシュートが、ゴール左隅に吸い込まれた。

 2点をリードしたマンチェスター・Cは後半、追加点こそ奪えなかったものの、クリスタル・パレスに反撃を許さず。試合は2-0で終了し、マンチェスター・Cが敵地で完封勝利を収めた。

 マンチェスター・Cは勝ち点を77に伸ばし、同80の首位リヴァプール、同78のチェルシーを追走。上位2クラブより消化が1試合少なく、得失点差で上回っている状態で、残り3試合に臨む。

【スコア】
クリスタル・パレス 0-2 マンチェスター・C

【得点者】
4分 ジェコ(マンチェスター・C)
43分 トゥーレ(マンチェスター・C)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA