2014.04.25

チェルシーのラミレス、リーグ4試合出場停止…来季開幕戦まで欠場

ラミレス
4試合の出場停止処分を受けたチェルシーのラミレス(左) [写真]=Getty Images

 FA(イングランドサッカー協会)は24日、チェルシー所属のブラジル代表MFラミレスが、4試合の出場停止処分を受け入れたことを発表した。

 ラミレスは、19日のプレミアリーグ第35節サンダーランド戦で、ボールと無関係の位置でスウェーデン代表MFセバスティアン・ラーションに対してひじ打ちを働いた。主審は当該行為を把握せず、試合中にカードが提示されることはなかったが、試合後に映像によって確認され、処分が下されていた。

 なお、FAは今回の処分について、ひじ打ちへの処分としての3試合出場停止に加えて、3月15日の第30節アストン・ヴィラ戦でのレッドカードに対して1試合の出場停止を科した結果だと説明している。

 現在2位のチェルシーは、今シーズンのリーグ戦を3試合残しているが、ラミレスの出場は不可能となった。4試合目の出場停止処分は、来シーズンの開幕戦で適用される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る