FOLLOW US

ザック御前でアシストの長友に伊紙が及第点「醜態はさらさず」

スケロット(右)のタックルを受ける長友(左) [写真]=Getty Images

 セリエA第34節が19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、アウェーでパルマと対戦。2-0で快勝し、2連勝となった。フル出場した長友は2点目をアシストして、勝利に貢献した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。長友には「6」(最高点10、最低点1)という評価を与えた。

 今試合は、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督も視察。同紙は、「ザッケローニの視察の前で醜態をさらさず。守備では一度も苦しまなかった。スタート時は、ほかのチームメートと同じように弱気であったが、苦しむチームを攻撃に押し進めながら、後半に動きが良くなった」と長友のプレーについて言及した。

 なお、インテルの最高点はスロベニア代表GKサミル・ハンダノヴィッチの「8」で、最低点はアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの「5」だった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA