FOLLOW US

アトレティコに安堵…試合中に負傷で搬送のD・コスタは軽傷

チーム2点目を決めた際に負傷したジエゴ・コスタ [写真]=Getty Images

 13日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節、アウェーでヘタフェに2-0で勝利し、首位の座を守ったアトレティコ・マドリード。自治州ダービーの勝利と引き換えに支払わされたかに見えた代償は、幸いにも大惨事にはならずに済んだようだ。

 同試合の84分、すでに64分から数的不利を負っていたヘタフェに引導を渡す2点目のゴールを奪ったアトレティコ・マドリードだが、右からのクロスを猛然と押し込んだエースストライカーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、勢いそのままに左ポストに激突。左足のひざ下を強打し、脛からも出血が見られた同選手は、苦痛にゆがめる顔を両手で覆ったまま担架で運び出されると、そのまま救急車で病院に搬送された。

 チームメイトの深刻な表情から、重傷の恐れも心配されたジエゴ・コスタ。しかし、ただちに行われた検査の結果、切り傷以外の故障は確認されなかったとのことで、アトレティコ・マドリードは安堵に包まれた。

 実際、ディエゴ・シメオネ監督も試合後の会見で、ジエゴ・コスタは軽傷で済んだことを明らかにすると共に、18日に行われる第34節エルチェ戦にも問題なく出場できるとの見方を示している。

ジエゴ・コスタは問題ない。今は勝利を喜んでいる。新たな傷を負いはしたが、“ライオン”にとっては何てことはない。私は、彼が万全の状態で金曜を迎えられると想像している」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO