2014.04.14

伊紙がインテル長友を採点「試合に影響を及ぼすプレーは残せず」

得点したサムエル(左端)に駆け寄る長友佑都(右端) [写真]=Getty Images

 セリエA第33節が13日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、アウェーでサンプドリアと対戦。4-0で快勝し、5試合ぶりの白星となった。長友はフル出場して、勝利に貢献した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。長友には「6」(最高点10、最低点1)という評価を与えた。

 同紙は、「両サイドは、納得のいくプレーがあまり見せられなかった。ナガトモは、試合に大きな影響を及ぼすようなプレーは残せず」と長友のプレーについて言及した。

 なお、インテルの最高点はスロベニア代表GKサミル・ハンダノヴィッチの「9」で、最低点はブラジル代表MFエルナネスとイタリア人DFダニーロ・ダンブロージオの「5.5」だった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る