2014.04.14

完封負け喫したバルサのマスチェラーノ「CLは影響していない」

 リーガ・エスパニョーラ第33節が12日に行われ、グラナダとバルセロナが対戦。バルセロナは0-1で敗れ、3位に転落した。

 試合後、バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マスチェラーノは、「ボールが(ゴールに)入りたがらなかった。だが、僕たちは言い訳を探すことはできない。ゴールを決められるシチュエーションがあったが、サッカーはこういうものだ。ゴールが入った方が勝つものだ」と、コメント。無得点に終わった一戦を振り返った。

 そして、3位転落を受けて、「リーグ優勝(の行方)は、もう僕たち次第ではない」と、話し、「チャンピオンズリーグ(準々決勝セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦)での負けが影響したとは思わない」と、語った。

 さらにマスチェラーノは、16日のコパ・デル・レイ決勝、レアル・マドリード戦を見据えて、「水曜日に偉大な試合を行うのにふさわしい状況だと思う。頭を上げて、前を見なければならない」と、コメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る