2014.04.13

長友佑都フル出場のインテル、4発快勝で5試合ぶりの白星

敵地で快勝したインテル [写真]=Getty Images

 セリエA第33節が13日に行なわれ、サンプドリアと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。長友は2試合連続で先発出場した。

 3試合連続ドロー中のインテルは、アウェー戦に臨むと、13分にマウロ・イカルディが先制点を奪う。右サイドをロドリゴ・パラシオが抜け出して上げたクロスを、ゴール前で右足のダイレクトシュートを決めた。

 先制したインテルだったが、17分にアンドレア・ラノッキアがペナルティエリア内でファウルを犯してしまう。しかし、マキシ・ロペスのPKをGKサミール・ハンダノヴィッチが好セーブで弾き出した。

 インテルは、20分にはサンプドリアのエデルが退場処分となり、数的有利に立ったが守勢に回った。しかし、ハンダノヴィッチの好セーブにより、前半を1点リードのまま折り返した。

 後半に入ると、インテルが立て続けに得点を重ねた。61分にワルテル・サムエル、63分には再びイカルディがゴールをマーク。79分にはパラシオがリカルド・アルバレスとのワンツーからゴールを陥れ、ダメ押し点を挙げた。

 インテルは、守備陣もサンプドリアをシャットアウト。4-0と快勝を収め、5試合ぶりの白星となった。なお、長友はフル出場している。

【スコア】
サンプドリア 0-4 インテル

【得点者】
13分 イカルディ(インテル)
61分 サムエル(インテル)
63分 イカルディ(インテル)
78分 パラシオ(インテル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
レヴァークーゼン
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る