2014.04.08

イングランド代表FWロドリゲス、じん帯断裂の重傷でW杯欠場へ

負傷し倒れこむロドリゲス(右下) [写真]=Getty Images

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのイングランド代表FWジェイ・ロドリゲスが、5日に行われたプレミアリーグ第33節マンチェスター・C戦で、ひざに重傷を負い6カ月の長期離脱となる見込みだと、大手メディア『BBC』など各メディアが報じている。

 ロドリゲスは前十字じん帯断裂と診断され、リハビリを開始できるまで、複数回の手術が行われる模様だ。同選手は今シーズン、プレミアリーグで15得点を獲得し、イングランド代表でもデビュー飾っていが、これによりブラジル・ワールドカップ欠場が決定的となった。

 サウサンプトンのディレクターを務めるレス・リード氏はクラブの公式サイトで「ロドリゲスはもちろん失望しているが、チームのために可能な限り早く復帰すると決心している。チームは彼の迅速な回復と復帰のために何でもするだろう。彼は心配してくれた人たちに感謝伝えてほしいと話している」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る