FOLLOW US

フィテッセが首位アヤックスとドロー…ハーフナーは途中出場

上位対決は、ドロー決着となった [写真]=VI-Images via Getty Images

 エールディビジ第31節が6日に行なわれ、日本代表FWハーフナー・マイクの所属する4位のフィテッセと首位のアヤックスが対戦。ハーフナーはベンチスタートだった。

 ホームでの上位対決を迎えたフィテッセは、25分にバートランド・トラオレがセットプレーの流れから得点。序盤でリードを奪うと、前半を1点差のまま折り返した。

 ところが、後半開始直後の47分にアヤックスのコルベイン・シグソールソンにドリブル突破からシュートを流し込まれ、試合を振り出しに戻された。

 フィテッセは、再びリードを奪うべく、74分にハーフナーを投入。84分にはルーカス・ピアゾンをピッチに送り出したが、2点目はならなかった。

 結局、1-1のドロー決着となり、アヤックスは勝ち点66で首位をキープ。同12差のフィテッセは、4位のままとなった。

【スコア】
フィテッセ 1-1 アヤックス

【得点者】
25分 トラオレ(フィテッセ)
47分 シグソールソン(アヤックス)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA