2014.03.31

W杯出場国のキャンプ地巡りにはサンパウロ州が効率的

コスタリカとメキシコがキャンプするサントス市 [写真]=Felipe Miguel

 2月にFIFAが、ワールドカップブラジル大会に備えて各国が設置するキャンプ地を発表。そのうちキャンプ地が集中しているのはサンパウロ州で、15の代表チームが拠点を置いている。

 広大なブラジルではあるが、同じサンパウロ州内なら、離れていても約300キロほどの距離。リオから訪ねた場合でも約430キロほどの距離だ。

 また日本がキャンプをはるイトゥ市にはロシアも滞在しており、短い距離でできるだけ多くのチームのキャンプ地を観たいという人は、サンパウロ州を拠点にすると、効率よくキャンプ地を訪問することができそうだ。

 代表国とキャンプ地のリストを並べてみた。サンパウロ市内からのおおよその距離も、キャンプ地名の横に記した。

<サンパウロ州>
アルジェリア:ソロカバ市(100キロ)
ベルギー:モジダスクルーダス市(51キロ)
ボスニア・ヘルツェゴビナ:グアルジャ(87キロ)
コートジボワール:アグアス・ヂ・リンドイア市 (170キロ)
コロンビア:コチア市(33キロ)
コスタリカ:サントス市(85キロ)
フランス:ヒベイラォン・プレット市(314キロ)
ホンジュラス:ポルト・フェリス市(112キロ)
イラン:グアルーリョス市(15キロ)
日本:イトゥ市(103キロ)
メキシコ:サントス市(85キロ)
ナイジェリア:カンピーナス市(95キロ)
ポルトガル:カンピーナス市(95キロ)
ロシア:イトゥ市(103キロ)
アメリカ:サンパウロ市(0キロ)

<その他の州>
オーストラリア:ヴィトーリア市(エスピリットサント州)
アルゼンチン:ヴェスパジアーナ市(ミナスジェライス州)
ブラジル:テレゾーポリス市(リオデジャネイロ州)
カメルーン:ヴィトーリア市(エスピリットサント州)
チリ:ベロオリゾンチ市(ミナスジェライス州)
クロアチア:マッタ・ヂ・サンジョアン市(バイーア州)
エクアドル:ヴィアマォン市(リオグランヂ・ド・ソスウ州)
イングランドリオデジャネイロ市(リオデジャネイロ州)
ドイツ:サンタ・クルース・カブラリア市(バイーア州)
ガーナ:マセイオ市(アラゴアス州)
ギリシャ:アラカジュ市(セルジッピ州)
イタリア:マンガラチーバ市(リオデジャネイロ州)
韓国:フォス・ド・イグアス市(パラナ州)
オランダ:リオデジャネイロ市(リオデジャネイロ州)
スペイン:クリチバ市(パラナ州)
スイス:ポルト・セグーロ市(バイーア州)
ウルグアイ:セッチ・ラゴアス市(ミナスジェライス州)

(記事/MEGA BRASIL、文/加藤元庸)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る