2014.03.30

敵地で競り勝ったバルサ指揮官、V・バルデスに「勝利を捧げたい」

マルティーノ
マルティーノ監督がエスパニョール戦後にコメントした [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第31節が29日に行われ、エスパニョールとバルセロナが対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの決勝ゴールで、バルセロナが1-0で勝利を収めた。

 試合後、バルセロナのヘラルド・マルティーノ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マルティーノ監督は、1点差での勝利を振り返って、「このような試合になるだろうと思っていた」と、コメント。「メリット、デメリットの両方がある。メリットは、ダービーは常にダービーであり、勝たなければならないということだ。リスクの多いアウェーゲームだったが、我々は勝った。その一方で、まだまだ難しく、重要なことが残っているのは明らかだ。あと7回、ファイナルが残っている。バジャドリードで行ったようなミスは繰り返されてはならない」と、話した。

 また、マルティーノ監督は、25日の第30節セルタ戦で負傷したスペイン代表GKビクトル・バルデスにも言及し、「この勝利を通して、喜びを彼に伝え、勝利を捧げたい」と、語った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る