2014.03.28

伊紙、3戦ぶり先発の長友佑都に及第点「この試合のインテルを象徴」

長友佑都
ウディネーゼ戦で先発出場したインテルDF長友佑都(左) [写真]=Getty Images

 セリエA第30節が27日に行われ、日本代表DF長友佑都のインテルとウディネーゼが対戦。0-0のスコアレスドローに終わった。長友は先発し、86分に途中交代した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、同試合の採点を発表。3試合ぶりに先発出場した長友には、「5.5」(最高点10、最低点1)を与えた。

 同紙は、86分までプレーした長友について、「この試合のインテルを象徴しているようなパフォーマンス。半分は、(シルヴァン)ウィドマーに苦しみ、質量ともに物足りない攻撃だった。残り半分は左サイドの主役となり、クロスを幾度となく放った」との寸評を掲載した。

 なお、チーム最低点が与えられたのは、コロンビア代表MFフレディ・グアリンで、採点は「5」。インテルの最高点は、イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの「6.5」だった。

 なお、同試合のマン・オブ・ザ・マッチは、ウディネーゼのU-18イタリア代表GKシモーネ・スクフェットだった(採点は「8」)。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る