FOLLOW US

ドラクスラーがバイエルンを祝福「1つ上のリーグで戦っていた」

シャルケのドラクスラーがバイエルンの優勝に言及 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第27節が25日に行われ、日本代表MF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンとバイエルンが対戦。3-1でバイエルンが勝利を収め、勝ち点を77に。バイエルンは7試合を残して、通算24回目(史上最多)となるリーグ優勝を決めた。

 現在3位につけているシャルケのイェンス・ケラー監督とドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、同節のドルトムント戦後に、バイエルンへ祝福のコメントを残した。シャルケの公式HPが伝えている。

 ケラー監督は、「バイエルンにおめでとうと言いたい。バイエルンはなるべくしてマイスター(優勝)になった。この卓越したシーズンは、祝福するしかないだろう。史上最速のリーグ制覇に全くもって妥当なチームだと思う」と、話した。

 また、ドラクスラーは、「この成績はただただ認めるしかないよ。バイエルンはこのシーズンを1つ上のリーグで戦っていた。だから、この早い時期でのタイトル獲得にもふさしいよ。おめでとう」と、語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA