2014.03.27

3位転落のレアルDFペペ「ミスをする余地は残っていない」

 リーガ・エスパニョーラ第30節が26日に行われ、セビージャとレアル・マドリードが対戦。レアル・マドリードは1-2で敗れ、2連敗で3位に転落した。

 試合後、レアル・マドリードのポルトガル代表DFペペが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペペは、「セビージャを祝福する。僕たちは勝ちを狙っていったけど、叶わなかった。まだ試合は残っていて、可能性はある。今回の試合とクラシコとは何の関係もない。サッカーの世界ではよくあることだ。僕たちは、土曜のラージョ戦(29日の第31節)に勝つために準備しなければならない」と、話した。

 そして、「僕たちは良いプレーをして、プレッシャーをかけていたけど、ちょっとした差でこうなった。いくつかの場面でより集中して、試合展開を読まなければならない」と、話したうえで、「今の自分たちには、ミスをする余地は残っていない。どのチームが上位にいるのかを把握して、ミスをする可能性がないことを認識したうえで、戦っていかなければならない」と、今後を見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る