2014.03.27

今季初の連敗となったレアルのマルセロ「サポーターに謝罪したい」

頭を抱えるマルセロ(左) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節のセビージャ戦で、1-2の逆転負けを喫した。

 フル出場したブラジル代表DFマルセロは、「チャンスを作ったが、それをしっかりとものにできなかった。しかし、それもサッカーなんだ」と嘆きつつ、「いつも後押ししてくれるサポーターに謝罪したい」と語った。

 残り8節ということもあってか、「終盤でどの試合も非常に難しく、大事な試合であることをわかっていた」としながら、「ともかく、今言えることはこれからも戦い続けていくこと」と前を向いた。

 今シーズン初の連敗で3位に転落したが、「これからは決勝のような試合が多くある。選手が心理的に苦しいことは確かだけど、仕事を放棄できないし、レアル・マドリードがいるべき場所に戻るため、自分達は引き続き取り組んでいく」と決意を語った。

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る