2014.03.27

シャルケのドラクスラー「勝ち点を取るに値した」…ドルトとドロー

ドラクスラー
シャルケのドラクスラーがドルトムント戦後にコメントした [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第27節が25日に行われ、2位のドルトムントと日本代表DF内田篤人の所属する3位のシャルケが対戦。0-0の引き分けに終わった。内田は負傷のため、ベンチ外だった。

 シャルケのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、スコアレスドローとなった一戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ドラクスラーは、「ドルトムントのほうが、明らかにチャンスの数は多かった。でも、僕たちの戦う姿勢と強い気持ちは、勝ち点を取るに値していたと思う。ドルトムントは後半、さらにプレッシャーを掛けてきた。このような相手には、まず自分たちがコンパクトに守ることを考えなければならない。さらに、僕たちはカウンターを最後まで持っていくことができなかった。もしそれが成功していれば、もう少しチャンスはあっただろう。とにかく、この結果を受け入れるしかない」と、試合を振り返った。

 そして、「まだ、何が起きてもおかしくない。ドルトムントとはたったの勝ち点差1だ。これはほとんど、ゼロに等しい。今日の試合が、シーズン終了を意味しているわけではない。他のチームを早くから意識しすぎないほうが良いね。まだ何試合か残っている」と、今後を見据えた。

 ルール・ダービーを終えて、2位ドルトムントは勝ち点52、3位シャルケは同51となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る