FOLLOW US

日本代表DF酒井宏樹、引退表明のハノーファー主将への憧れ明かす

2012年夏からハノーファーに在籍する酒井宏樹 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ハノーファーに所属する日本代表DF酒井宏樹が、今シーズン限りでの現役引退を表明したアメリカ代表DFスティーブ・チェルンドロへの思いを、自身のツイッターで明かした。

 酒井は19日、「キャプテンで同じポジションだったスティーブの引退会見が今日あった」と投稿。同じ右サイドバックのキャプテンに対し、「何度も手術してストレスを感じていたはずなのにいつもポジティブな発言とチームを思いやった気配り。こんなプレーヤーになりたいと心から思いました」という憧れを明かすとともに、「Danke Stevie(ドイツ語で、ありがとうスティーブ)」と感謝を述べた。

 チェルンドロは、1999年の冬にハノーファーに加入して以来、ハノーファー一筋でプレー。昨年6月と8月にひざの手術を受け、今シーズンはリーグ戦で2試合の出場にとどまっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA