2014.03.17

独紙、ブンデス第25節のベスト11に岡崎慎司と酒井高徳を選出

2ゴールで勝利に貢献した岡崎慎司(中央上) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ紙『ビルト』は17日、ブンデスリーガ第25節のベストイレブンを発表した。

 日本人選手では、ホッフェンハイム戦で2ゴールを挙げたマインツに所属する日本代表FW岡崎慎司と、ブレーメン戦にフル出場したシュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳の2選手が選ばれた。岡崎は4度目、酒井は初めての選出となっている。

 なお、同紙の採点(最高点1、最低点6)ではともに「2」の高評価が与えられ、岡崎がチーム最高タイ、酒井がチーム最高だった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る