2014.03.13

人種差別野次は許さない! ブラジルサッカー連盟がコパ・ド・ブラジルの審判用新ユニフォームを発表

コパ・ド・ブラジルで審判が着用するユニフォーム [写真]=Divulgacao/CBF

 最近、サッカーの試合で人種差別を示す行為が相次いでいるブラジル。

 これを受けてブラジルサッカー連盟は、人種差別への反対を表明するエンブレムを発表したと3月10日日(月)付けエスタダォンが報じた。

 エンブレムはユニフォームに取り付けられる形で、「私たちは皆同じだ」と記されている。エンブレムは3月12日から始まる予定のコパ・ド・ブラジルの期間中、審判のユニフォームに着けられる予定。

 先週、ふたつの人種差別事件があった。ひとつは、3月5日(水)にリオグランヂドスウ州で行われたエスポルチーヴォ対ヴェラノーポリス戦で審判のマルシオ・シャガス・ダ・シウヴァ氏が野次を飛ばされた。6日(木)にはサンパウロ州で行われたサントス対モジ・ミリン戦で、サントスのアロウカ選手が、同じく差別的な野次を飛ばされた。

(記事/MEGA BRASIL、文/麻生雅人)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る