2014.03.10

40歳サネッティ、インテル20年目へ「関係が続くことが大事」

長友(右)と肩を組むサネッティ(左) [写真]=Getty Images

 インテルのキャプテンを務めるアルゼンチン代表DFハビエル・サネッティが、来シーズンも残留することを示唆した。クラブの公式HPが伝えている。

 サネッティは、1-0で勝利した9日に行われたセリエA第27節のトリノ戦後に、自身の財団のチャリティーイベントに出席。エリック・トヒル会長との話し合いを経て、「どうやら、インテルの一員であり続けることができるみたいだ」と明かした。

 サネッティは、「疑問に思ったことはないけどね。会長とは、常に率直な関係であったよ。何よりも大事なのは、インテルとのこの関係が続くということ」と続け、在籍20シーズン目となる来シーズンも残留する可能性を語った。

 40歳のサネッティは、1995-1996シーズンにインテルに加入。以後、キャプテンとして、チャンピオンズリーグやセリエAなど、多くのタイトル獲得に貢献してきた。

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る