2014.03.10

ナイキ、フランス代表のW杯着用アウェーユニ発表…デザインは“船乗り風”

フランス代表
新アウェーユニを身にまとうポグバ(中央)らフランス代表メンバー

 ナイキが、6月に開幕するブラジル・ワールドカップでフランス代表が着用する新アウェーユニフォームを発表した。

 発表されたユニフォームは、フランス本来のスタイルやファッション性に最高のパフォーマンスイノベーションを組み合わせ、エレガントに仕上げた新しいアウェーキットとなっている。

 デザインは、フランスの象徴的でクラシックな表現である“マリニエール”(船乗り風)デザインを採用しており、アウェージャージには同系カラーのグレーのマリンストライプを用いている。また、1958年のフランス代表が着用したクラシックな雄鶏のデザインにインスピレーションを得た、新しいクレストが使用され、今回はサイズも大きく、バッヂの一部としてではなく、単独で用いられ、 国のプライドを象徴する究極の存在となる。このクレストは綿密な「バリオンステッチ」のテクノロジーを参考に、美しく刺繍されている。新しく大きくなったブルーの雄鶏は、上品に盛り上がる大きな羽に飾られ、誇らしい立ち姿を見せている。

 ミッドナイトネイビーブルーのショートは、ホームジャージと同様にスタイリッシュでユニークなデニムのように見える効果が施されている。この素材は、デニムが誕生し、その名前の由来にもなっている南フランスのニームの街をインスピレーションにしている。デニムはウールとシルクの混紡として17世紀に発明されたが、デザイナーたちはデニムの 荒削りな印象とシルクの上品さをアウェーショートに盛り込もうとした。 ショートの両サイドには、上質なデニムの織り端にインスピレーションを得たテープがあしらわれている。

 このショートは動きやすさと快適性を高めることを主眼に設計され、シンプルでアイコニックなデザインで、フィットに関する研究結果を生かし、よりスリムで体のシルエットに合ったフィットとなっており、動きやすさと快適性を高める切れ込みが入っている。ショートの後部中央部分には、ナイキ独自のレーザーカットによるベンチレーションが施されており、体を涼しく保ち、汗をコントロールる。新しいソックスもクラシックなホワイトになっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る