2014.03.10

伊紙、フル出場の長友に及第点…伊代表MFチェルチとの対決を評価

長友佑都
トリノ戦でフル出場を果たした長友佑都 [写真]=Getty Images

 セリエA第27節が9日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとトリノが対戦。アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオが30分に決勝点を挙げ、1-0でインテルが勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを採点。フル出場した長友には「6」の評価を与えた。

 同紙は長友のプレーについて、「今日、チェルチと対峙することは、サイドで起こりうる最悪なものだ。だが、ナガトモは屈せず、そして時には、攻めにも転じてみせた」と、コメント。トリノのイタリア代表MFアレッシオ・チェルチとのマッチアップに一定の評価を与えた。

 なお、最高評価を得たのは、決勝点を挙げたパラシオで、採点は「7」だった。一方、最低評価はインテルのU-20アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディで、採点は「5.5」だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る