2014.03.09

伊紙が2試合ぶり先発出場のミラン本田を酷評「大きな失望」

フル出場したミランの本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第27節が8日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するミランは、ホームでウディネーゼと対戦。67分にウディネーゼのイタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレに決勝点を奪われ、0-1で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場した本田には、チーム最低タイとなる「5」(最高点10、最低点1)を与えた。

 同紙は、リーグ戦2試合ぶりに先発出場した本田についての寸評を掲載。「ホンダはFKから、(クリスティアン)サパタが台無しにしてしまったビッグチャンスを生み出した。だが、これ以外にこの試合で何ももたらすことができず、試合の流れから消え、闘う意欲を見せることはなかった。大きな失望」と、低評価を与えた理由を記した。

 なお、本田と同じくチーム最低点が与えられたのは、フランス代表DFフィリップ・メクセスとモロッコ代表MFアデル・ターラブト。ミランの最高点は、イタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォの「6」だった。なお、マン・オブ・ザ・マッチは、「7」だったディ・ナターレが選ばれた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る